イヌ

椎間板ヘルニアは犬にも起こる│様々な方法で解決しよう

ペットが亡くなったら

家族

ペットが亡くなったら考えなければならないのがペット供養のことです。どのように遺体を供養するのか、火葬するなら遺骨はどうするか、お墓などはどうするかなど考えるべきことは多くあります。近年では、ペット供養専門業者も増えてきています。様々なペット供養の方法があり、ニーズに合わせてサービスを選ぶことができます。近年多いのは、火葬をしてから家族や近しい人で簡単なお別れの会を行い、遺骨を手元において供養するという形です。火葬にも集合火葬や個別火葬など様々な方法があります。集合火葬では遺骨は戻ってこないので、写真や思い出の品などで供養をすることになります。また、ペット用の簡易なお墓を作るサービスや遺骨をアクセサリーに加工するサービスなども登場してきています。

ペット供養には決まった形はありません。ペットには宗教などもないので、飼い主が納得のいく形で供養してあげるのが一番です。ペットの死に責任を感じ自分を責めてしまう人もいますが、自分を責める必要はありません。そう思うのは大事にしていたからこそなので、ペットには感謝の気持ちを伝えるのがよい供養となります。気持ちの整理がうまくつけられないという人は、家族だけでもお葬式をあげるのがおすすめです。業者に依頼してそれらしい形を作ってもらうのもよいでしょう。人間はお葬式や四十九日などの区切りにイベントを行うことで心に整理をつけていきます。ペット供養のときも同様にすることで、深い喪失感や悲しみを緩和していくことができます。