犬と猫

椎間板ヘルニアは犬にも起こる│様々な方法で解決しよう

ペットの病気

女性と犬

犬や猫などのペットも慢性疾患を抱えたり、病気の治療の必要性が出てきます。そこで千葉でもすぐにケアをしてもらえる動物病院に駆けつけるようにしましょう。またペット保険に加入して高額になりがちな治療費にも対応しましょう。

頭がよく穏やかな性格

大型犬

頭が良く穏やかな性格の犬にゴールデンレトリバーがいます。ペットとしても人気で、飼うときには最初のしつけをきちんとすること、体が大きくなるため運動量が増えることなどはあらかじめ知っておきたい部分がたくさんあります。金色の美しい毛並みやその穏やかで人なつこい性格が特徴的な犬です。

ペット用医療器具

動物病院

後ろ足の機能を補います

椎間板ヘルニアは、概して高齢の犬に多く見られる犬の病気です。犬種によっては、より若い年齢から椎間板ヘルニアを発症することもあります。この場合特有の骨格の問題が関係していることが多く、予防に努めることが大切です。椎間板ヘルニアの兆候が見られたときには、獣医師による治療が求められます。重度の椎間板ヘルニアになると、後ろ足の部分に麻痺が生じます。また、状態が悪化してくる過程でも目立ってくるのが、後ろ足の機能低下です。こういった状態を補うアイテムが、犬用の車いすと言えます。車いすは小さな補助車がついた仕様で、犬の後ろ足部分に装着することが可能です。犬の自然な動作を補うことが出来るため、運動機能が保てます。

ストレス解消に効果的です

犬の場合にも、動けない状態になると大きなストレスが発生します。血流が悪くなりますので、健康状態も悪化するのが問題です。犬用の車いすは、このような生活上の問題を少なからず解決してくれます。時に、屋外も自由に走り回れるようになるとして、絶大な人気を誇るのが犬用の車いすです。フルオーダーやセミオーダーも可能で、ベストフィットの製品が購入出来ます。車いすを専門に制作するメーカーやショップも、近頃は多いです。こういったサービスの多くは、サイトを通じて製品を販売しており手軽に利用が叶います。犬のストレスが減ることは、飼い主にとっても喜ばしい状況です。散歩も楽しめるようになり、ポジティブにペットとの生活が送れます。

ペットが亡くなったら

家族

様々な方法がペット供養にはあります。近年は火葬し、家族でお別れの会などを開き、遺骨やお墓を作って供養する人が増加しています。墓石を作るサービスや遺骨をアクセサリーに加工するサービスまで出てきています。決まりはないので家族が納得する形で供養するようにしましょう。